長野でフグ!?山奥で漁業を養殖でしている!?【珍百景】




(出典:https://gourmet-note.jp/

長野フグ漁業!?

ナニコレ珍百景で紹介される珍百景は毎回、驚かされるものが多いですが、これまたびっくりですよね。

フグといえばやはり、海でとれるイメージが強いので、長野県でとれる、といわれてもピンときませんね。

しかも漁業、ということできちんとこれを商売としてやっている人がいるということです。

気になったので調べてみました!

長野は・・・

長野には、ご存知の通り、海がありません。

そのかわり、山はたくさんあり、温泉地やスキー場なんかはたくさんあります。

長野でとれる魚介類は、鮎・ヤマメ・イワナ・ウグイなどの川魚が県内各地でとれます。

やはりフグは、普通にはとれませんよね・・・。

長野県漁業協同組合連合会という組織があり、長野県における漁業の管理をしていますが、

河や湖での漁業に関することが多いようです・・・。フグの養殖に関しては果たして・・・。

フグの養殖所

長野にあるフグの養殖場は、長野県の飯田市というところにあります。

飯田市は長野県の中でも南に位置しており、お隣の静岡県と接しています。

たくさんの山や河川に恵まれ、寒くなりがちな長野県の中では珍しく、比較的温かい気候が保たれています。

そんな飯田市の山奥にフグの養殖所はあるのです。

この養殖場では、温泉で湧き出た水を利用してフグを育てています。

温泉水を利用することで、年間を通して、水温を保ちやすかったり、

温泉水に含まれる成分のおかげで早く育つんだとか。

いいことがいっぱいあるようです。

温泉水を使ってフグを養殖するのは、じつは長野と同じく海なし県である栃木県でも行われています。

(出典:https://www.shunpanro.com/

実は、この養殖所でとれたフグは長野ではちょっと注目されたグルメで、長野の料理店では高級食材として扱われています。
フグはどこに行っても高級食材ですが)

遠い海から運ばれてきたフグと比べて、比較的近い、県内からとってきたフグだとやはり鮮度に大きな違いが出るため、おいしさも差が出るようです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

もし長野県の飯田市に行く機会があったら、フグを食べに行くといいかもしれません。

普通のお店で食べる海でとれたフグとは、一味違うかもしれませんね。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする